「あいこちゃんを救う会」の話

今日のエントリはいつもとは全く違うお話になります。
私は過去の人生で本格的なボランティア活動をやったことは一度もありません。
街頭募金やユニセフの募金くらいは時々行っていますが、世の中の多くの人間はそんなものではないかと思っています。困っている人を救うことは大事なことでしょう。ただ街頭の募金箱に100円玉を投じることは、積極的なボランティア姿勢などありません。余った小銭を放り込んで少し良い事をした気持ちになっている程度ではないでしょうか?

名称未設定
あいこちゃんを救う会公式HP

私のTwitterのフォロワーさんが同級生の娘のためにボランティア活動を始めました。彼女の命は劇症型心筋炎という疾患によって、米国での心臓移植手術を受けなければ断たれてしまいます。
私も最近歳を取ったので自分の健康を考えるようになりましたが、幸いにして彼女の6倍以上の人生を生きてきました。僅か7歳の女の子の命を救うことが、お金で済むとしたら?それは十分なボランティアの価値があると思うのが普通の人間の思考でしょう。ただし金額は2億を超え、数千人単位でも補いきれる金額ではありません。時間は僅かしか残されていないにも関わらず、募金はまだ目標額の1/10も集まっていません。このことを知った私に街頭募金とほんの少し違った気持ちが芽生えたのはTwitterでのほんの小さな繋がりでした。

まずは自分の募金ですが、それはあまりに微々たる金額です。他に何かできることは?と思った時に少しでも多くの媒体を介して話題を多くの方に認知して頂くことだと思いました。私はあいこちゃんのことはHPで読んだ知識しかありませんので、多くは語りません。私のブログを読んだ人がたった一人でも「あいこちゃんを救う会」のHPにアクセスし、募金と何かのアクションを起こすことが一番大切なのではないかと思った次第です。
ブロガーならエントリを上げる事もできますし、職種によっては別の行動を取ることができるでしょう。学生さんならTWitterに投稿、LINEの話題にするだけでも良いと思います。お金を出すこと以外にもできることは色々あるのです。一人の募金金額などたかが知れています。1億人を動かすことは無理でしょうが、100万人ならインターネットの世界なら不可能ではありません。
このエントリを見て下さった貴方が今何かできることを行って頂けることを心から願っています。それが一つの小さな命を救うことになるかもしれないのですから。

あいこちゃんを救う会Togetterまとめ
あいこちゃんを救う会NAVERまとめ

カテゴリー: 未分類 パーマリンク

「あいこちゃんを救う会」の話 への2件のフィードバック

  1. 大内文子 のコメント:

    Twitterの、問いかけに、感動し、微力ながら、お手伝いさせていただきたく思います。
    臓器移植の現状は、把握させていただいております。
    緊急を要し、目標額も大きく、どこまでと、不安ですが、まず行動は、自らの募金から。

    • hatti のコメント:

      募金のご協力並びにコメントを頂戴し心からお礼申し上げます。
      私より大内様の方が遙かに多くの知識をお持ちだと考えますし、積極的な活動をなされているのかもしれません。
      今回、私のような今までボランティア活動に全く関心のない方々にあいこちゃんの事を知って貰いたいと思いエントリを上げさせて頂きました。
      目標はあくまで目標であり満額を達成しなくとも命を救える可能性はあると思っております。
      少しでも近づける事が我々のできることではないでしょうか?
      朗報が届く日を一日も早く待ちたいと思います。
      本当にありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*