SIMフリー iPhone 6 Plus 雑感と私の使い方~その壱~

IMGP0336
Online Storeに頼んであったiPhone 6 Plus 128GB Space Grayが発売日の朝9時頃届きました。iPhoneは3Gからのユーザーですが、契約無しのデバイスオンリーで買える。発売日に自宅(職場)に届くというのは画期的な事でした。Space Grayのカラーは5sで最後に使ったカラーであり気に入っていたのですが、今回の6,6 Plusでは少し色が薄くなっているようです。

IMGP0337
予想はしていた事ですが、6 Plusは大きい!並べてしまうと5cとは親子という感じですし。片手で操作というのは到底無理なサイズです。私の場合手はあまり大きくないので、裸なら何とか安定して持てますが。

IMGP0340
予め購入してあったSGP ネオハイブリッドを装着すると、左手の親指操作はかなり不安定になります。かといって落下の危険はサイズからしても上がりそうなのでケースなしは考えられません。SGP ネオハイブリッドに関しては5sの時も使用していましたが、ガラス面をケースの縁が余裕を持ってカバーするケースなので落下時のみならずガラスフィルムの破損も起きにくい良い製品だと思います。

563
不便だなと思ったのは今までHUB経由で同期や充電していたiPhoneがiPadと同じく充電不可の表示が出てしまうこと。この辺りは「Macお宝鑑定団Blog」の記事「iPhone 6は最大1.4A入力、iPhone 6 Plus は最大2.0A入力に対応」をお読みになると詳細な記述がありますが、同期と急速充電が同時に行えなくなったのはやや不便です。

IMGP0341
今回のiPhone 6,6 Plusですが、最終的にどちらのモデルを選ぶかはかなり悩みました。Plusのサイズはスマホとして使うには明らかに大きいと思うからです。ただそれでもPlusにしたのは車載デバイスを一本化することができると考えたからです。今までカーナビ、カーTVはiPad miniを使用していましたが、サイズが少し大きいのとBlutooth経由のハンズフリーがiPhoneとiPadで1本化できないことに不満を感じていました。要するにiPadをナビ及び音楽再生に使っているとハンズフリー通話は別途装置が必要になってしまう訳です。iPhone 6 Plusはその点、市販カーナビの小型クラスのディスプレイなのでダッシュボード上のモニタ前に置いても違和感が全くありません。少し位置が遠い気がしますが、テスト結果は上々なので今後マウント方法を考えようと思います。
iPhone 6 Plusはその他ビデオ鑑賞、電子書籍端末としてもiPadを出すことをはばかる電車内でも何とか許容できるサイズですし、拡大表示は老眼にも優しい優れた点を持っています。スマホとしてのみお使いになる方、手の小さい女性の方にはPlusはお勧めしがたい部分がありますが、素晴らしい可能性を秘めた端末だと思います。
~次回未定~

カテゴリー: iPhone パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*