iPhone 6と6 Plus音声とデータ運用を使い分ける。

IMGP0344
docomoの回線でiPhone 6を使う場合、条件にもよりますが基本使用料はいくらまで抑えられると思いますか?
ただし条件がいくつかあります。
1.ファミリー割引を組める、または組んでいるグループがありデータシェアを使える事。
2.通話定額を捨て、データ通信のみの場合。
答えはdocomoの新プランなら、データパックの代金を除くという前提であれば0円です。
内訳はiPhone データプラン 1700円、Xiシェアオプション定額料 500円、SPモード 300円
合計2,500円からiPhone 6 64GBの毎月割▲2,593円を割り引くと−93円ですので0円運用となる訳です。
親回線のデータSパック(3,500円)を別途支払っていますので、単純に0円とは言い切れませんが。またiPhoneを主回線で通話用に使いたい場合基本料金は2,700円となるので、1,000-93=907円が発生します。
私の場合iPadで利用していたデータ回線をそのまま機種変に使う事ができましたが、一般に新規契約でも同様の手法が取れる筈です。またdocomoショップでの手続きでしたので、スムーズに話が進みましたが、家電量販店や携帯ショップなどキャッシュバックが付く条件では通話定額は外せない場合もあると思います。
iPhoneを安く運用するためSIMフリー端末+MVNOという組み合わせを使っている、ないしは検討している方もいるでしょう。しかしMVNOの場合mopera Uを利用しますので、そのままでは3G/LTEでのモバイルデータ通信及びができません。APN設定をProfile構成ユーティリティでAPNを設定しProfileをiPhoneへ転送する必要があります。これは結構面倒な作業であり、iPhoneのOSがバージョンアップすれば対応できなくなる可能性もあります。
その点docomoのnano SIMを使えば、SIMカードを挿すだけで通信が可能となります。費用は所有回線との兼ね合いもありますが、ずっと使いやすいと考えます。

iPhone 6 Plusを購入してこの端末は私の場合iPad miniに置き換えるのがベストだと感じました。通話やメール、アプリの操作を今までと同じ片手操作で行うのは難しくなったと思います。
ただ前回の記事に書いた通りカーナビや動画鑑賞、少し小型ですがブックリーダーとしての用途は交通機関などでは出すのをはばかるiPadに比べ遙かに向上しました。従ってiPhone 6を従来のiPhoneに置き換え、タブレット代わりに6 Plusを使うことを考えた次第です。いわば横に使うのが6 Plus、縦に使うのが6という感じでしょうか?少し贅沢な使い方かもしれませんが、意外とシチュエーションが合うユーザーは多い気がします。

カテゴリー: iPhone パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*