Apple Store版 iPhone 6用 Power Support Air Jacketを試す

Apple Online StoreにてiPhone 6,6 Plus用Power Support Air Jacketが発売されたので試してみました。
一般に販売されている商品(以下通常版と記す)とは形状、付属品、価格が異なります。

1.パッケージの違い
IMGP0503
ケース形状は似ています(微妙な差あり)が通常版はAir Jacket Setの表記、その下にmade in Japanとの記載があります。Apple Store版はAir Jacket Forceの表記はありますが、made in Japanとは記載されていません。

IMGP0506
裏面の記載も全く異なります。通常版は付属フィルムの貼付方法、注意事項などが列記されていますが、Apple Store版は世界各国言語の内容物表記が中心となっています。

IMGP0507
Apple Store版の製造国は背面に記載があり韓国製でした。

2.ケースの本体の形状の違い
IMGP0497
Apple Store版はケース右下に脱着用の切れ込みが付与されています。

IMGP0512
通常版はコーナーを円弧状にカットしてあります。
脱着の容易さはややApple Store版の方に軍配が上がりますが、大差はありませんでした。

IMGP0496
液晶画面側のエッジ処理は明らかに異なります。Apple Store版はガラス面より縁が高くなっています。

IMGP0511
通常版はガラス面と完全にツライチになっており、保護フィルムを貼っただけでケースより突出します。
どちらが良いと感じるかは難しい部分です。ガラスフィルムなどを併用する場合はApple Store版の方がエッジの欠けなどを防止できると思いますし、保護性能も高いでしょう。ただ通常版に比べればエッジの引っかかりも気になりますし一体感は通常版の方が高いと感じます。

3.付属品、価格の違い
通常版には同社のクリスタルフィルムが一枚、クリーニングクロスが付属します。Apple Store版には付属しません。
価格は通常版がiPhone 6用が税込2,980円、iPhone 6 Plus用が税込3,280円。Apple Store版は、iPhone 6用・iPhone 6 Plus用とも税込3,024円です。

IMGP0510
通常版をPower Supportから直接購入すると真偽判定ビューアーという物が付いてきます。本体裏側に貼ってあるシールに当てるとPower Supportのロゴが浮かび上がり真偽の判定ができる仕組みです。Apple Store版にはこのシール自体が付属しません。Apple Storeでは以前からPower Support製品を扱っていますし、偽物ということはないでしょうが、偽物が今後流通しても判別は難しくなります。
両者を比較して私がどちらを選ぶかと言われたら、通常版の方を選びます。Air Jacketの売りはシンプルな一体感だと思うので、それをより反映された製品は通常版の方だと思うからです。また同社のクリスタルフィルムは2枚で¥1,980ですので、価格的メリットもバカにはなりません。最後はmade in Japanへの拘りでしょうか?

カテゴリー: iPhone パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*