And Mesh Mesh Case for iPhone6を試す。

株式会社DAQという会社は以前から様々なブランド名でiPhoneやiPadのケースを製作、販売しています。SQUAIRブランドのジュラルミンバンパーなどはその究極型でブログにはアップしませんでしたが、中では最も安いカービシャスバンパーを使いましたがなかなか素晴らしい製品でした。
一般庶民向けモデルはメッシュ形状のケースが主体で以前にiPhone 5cとiPad mini用を使いました。いずれもメッシュ加工をしたメリットは軽量化と持ちやすさに現れておりシンプルですがなかなか良いケースだと思っています。

P1000149
iPhone 6,6 Plus用はAnd Mesh Mesh Caseという名前で今までとは異なるエラストマー素材でケースが発売になっています。暫くPower SupportのAir Jacketを使っていましたが、飽きてきたのでこのケースを購入してみました。

P1000150
カラーは9色ありますが、比較的無難なクリアにしました。とてもシンプルな紙ケース入りですが無駄なコストを掛けない姿勢は悪くないと思います。

P1000151
エラストマーとはいわゆるゴム素材だと思いますが、ポリカーボネートより柔らかくTPUより硬い印象で、ケースの装着も比較的スムースですが厚みはそこそこにあります。クリアですが、背面ロゴなどは意外に見えなくなってしまいます。

P1000152
ボタン類はカバーされてしまうので、やや操作感が下がりますが支障はありません。iPhone 6の横幅が増えてしまうので、ポリカのケースよりは持ちにくくなります。Amazonのレビューなどを見るとTPUよりは変色には強そうです。

P1000154
ゴム素材ですので、歪みが生じやすいようでスピーカーホールやイヤホンホールなどは多少の曲がりがありますが、実用上の支障はないレベルだと思います。

P1000156
ポリカーボネートのMESH SHELL CASE for iPad miniと並べてみました。厚み、素材感はポリカーボネートの方がやはり優れている気がしますがエラストマー素材のお陰で筐体をフルカバーできるようになったメリットもあるのでどちらが良いかは難しい所です。

iPhone 6 Plus用はこちら

カテゴリー: iPhone パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*