妻に贈ったiPhone 6 ケース

昨年末から続いた親族の不幸、家族の病気、スタッフの退職などでブログの更新がすっかり滞ってしまいました。
3月になり毎年恒例の携帯キャリアのMNP祭りがありましたので、家内のiPhoneを5sから6に機種変更することにしました。当人はガラケー時代からそそっかしく、携帯が傷だらけでしたので今まではケースに入れた上、スリーブケースに入れてiPhoneを使っていたのですが、iPhone 6はサイズ的に今までのスリーブが使えません。そこで初めてフリップ型ケースを勧めてみる事にしました。

IMG_0007
良いケースを買って「使い難い」と言われて没になるのも恐いので、初めに試したのは中国製のこのケース。「Mercury ダイアリーケース」という品でヨドバシでは2,160円で売ってますが、Amazonでは498円で購入できました。フリップ式ケースの多くはiPhoneの上下が空いていますが、家内の落下に備え内部ケースはフルカバータイプをチョイスしています。

IMG_0008
素材は塩ビですから質感はそれなりですが、値段を考えれば許容範囲の品です。ちなみにフリップ部分にはマグネットも入っており開いた時に本体裏側に磁力でくっつきますので操作性も悪くありません。

IMG_0010
本人もまあまあ気に入ったようなので、満を持して購入したのはこちらの革製のケース、Diralという代官山にある革小物、バックのブランドの手帳型レザー iPhone6 ケースという品です。

1_000000000700
カラーは5色展開の他カスタムオーダーにも対応しておりiPhone 6 Plus用も発売されています。ストラップも同社のShort Strapをチョイスしました。

IMG_0014
フリップ式ケースのお決まりのようですが、蓋の裏側にはSuicaやクレジットカードなどが2枚収納可能です。内部のケースは先の中国製と異なり、ボタン部分が全てカバーされていますので、操作性はやや悪くなります。私は見た瞬間気に入った品ですがいかがでしょうか?フリップ式ケースは私自身あまり使わない派だったのですが、ちょっと色違いが欲しくなった位です。

カテゴリー: iPhone パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*