3Dガラスフィルムに合わせた保護ケースやホームボタンシールなど選んでみた。

前回の続きになりますがMicro Solution PRO GUARD 3D CRYSTAL GLASSがなかなか好感触なので、ガラスフィルムに合わせたケースやホームボタンシールなど選んでみました。

IMG_0194
ガラスフィルムとホームボタンの段差を減らすにはホームボタンシール位しかないのですが、以前試した製品は色目もイマイチ、感度低下もあったので今回は変更。アルムニウムケースでは有名なalumaniaのアルミリングホームボタンです。とは言っても特段以前の製品との性能差を期待している訳ではありません。

IMG_0199
iPhoneのカラーに合わせホワイトとブラックの2色、それぞれにリングのカラーが8色ありますので、お好みのカラーが選べます。私は本体色に一番近いBLACK & GUMETALを選びました。少し感じたのはiPhoneのホームボタン部分に対し若干サイズが小さい気がします。そのため微妙に位置決めがずれやすいのとリング部分にalumania netという刻印があるので無造作に貼ると刻印が曲がってしまいます。

IMG_0213
ケースはiPhone 5sまでで良く使っていたSpigenのNEO HYBRID EXにしました。このシリーズは形状的に外枠部分に高さがあるので、ガラスフィルムの保護にも有効です。またPRO GUARD 3D CRYSTAL GLASSとの干渉もありませんでした。更に最近NEO HYBRIDシリーズはメタル枠の製品を主力にしているのか現在特価販売中で1,077円で買えてしまいます。脱着の際にプラスチック枠を折りやすい製品なのが難点ですが、この値段なら消耗品として扱えます。

IMG_0211
背面保護フィルムも同梱されていますので、バンパータイプでも傷を気にせず使えます。私の場合Space Grayに合わせガンメンタルにするとこんな感じですが、黒の枠が少し合わないので工夫しました。

IMG_0203
ガンメタルとシルバーのケースは内側のTPU素材のカラーが異なります。これを2個買って入れ替えます。

IMG_0210
半透明のTPUは変色すると思いますので見苦しくなったらまた黒に戻そうと思います。

IMG_0219
ガラスフィルムとケースの高さの関係はほぼツライチという感じです。保護という観点からすると少し高さが足りませんが使用しないよりは良いと考えています。

カテゴリー: iPhone パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*