TUNEWEAR eggshell for MacBook 12inchを試す。

IMG_0266
ようやくサードパーティーメーカーから発売になったMacBook 12 inch用シェルケースTUNEWEAR eggshell for MacBook 12 inchを購入しましたのでレビューを書きます。製品の正式名称はHPによると「eggshell frosted case for MacBook 12″」とあり、要するにマット地のクリアケースです。私がここ最近愛用していたのはmoshiのiGlazeシリーズでした。実は本国HPにはすでにMacBook用が発表されています。発売を待たなかったのはiGlazeの方が166g、eggshellは118gとかなりの重量差があることで、iGlazeは画像でも厚みがあるように見えたからです。

IMG_0269
ケースの厚みは9mmとありますが、従来のシェルケースに比べてもかなり薄く簡単にしなります。

IMG_0272
しかしMacBookに装着すると本体としっかり一体化しますので強度不足は感じません。画像で見るとMacBook本体の色も全く損なわないように見えますが、実際はfrosted caseというカラーのためSpaceGrayがややシルバーに近くなったように感じます。

IMG_0273
メーカーロゴも背面のみというのは好感が持てますし、ゴム足も安定感のあるものです。
IMG_0275
マイク穴は1つ1つ丸く抜いてあり、イヤホンジャック部分はケースを欠く形ですがこれは仕方ないでしょう。

IMG_0277
USB-Cポート側もイヤホンジャック側と同様の形です。

IMG_0278
ヒンジ部分の処理も綺麗ですし、MacBook本体を押さえている爪も本当に小さく、処理はとても綺麗で素晴らしい仕上がりだと感じました。惜しむらくはシェルケースの宿命となりますが、MacBookの薄さがややスポイルされていまうことで、確実に厚くなったことを感じてしまいます。安心を取るか薄さを選ぶかはユーザーの考え方一つでしょう。

カテゴリー: Mac パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*