AndMesh iPad Air 2用ケースを試す

AndMesh、IRUAL、SQUAIRは同一の会社のブランドで樹脂製ケースから超高級ジュラルミンケースまで手がけています。AndMeshはエラストマー素材のシリーズブランドですが、私もiPhone 6用は以前に購入し記事を書きました。iPad用メッシュケースに関しては以前はIRUAL MESH SHELL CASE for iPad Air(Mini)の名称でポリカーボネート製が販売されていました。

P1000156
上の画像はIRUAL MESH SHELL CASE for iPad MiniとAndMeshのiPhone 6用です。iPhone用を使ってみてエラストマーはTPU素材を多少硬くした程度で、フィット感のある薄いガジェットケースを求めるユーザーには向いていない印象を持っています。ポリカーボネートより厚くなりますし、柔らかい素材のため歪みがあり精度も落ちる。ポリカーボネートの場合と違って確かに液晶画面以外はフルカバーできますが、操作ボタンの細かい切り抜きができず操作感も劣る。MESH SHELL CASE for iPadよりは劣る製品になるだろうと懸念しての購入でした。

IMG_0128
パッケージはiPhone 6用とほぼ同じ、薄いビニール袋には入っていましたが、製品むき出しの実に簡素なパッケージです。これでもまあ十分ですが、ちゃんとした外箱に入っていたポリカーボネート製より500円程値上げしているのですからね。

IMG_0130
ポリカーボネートケースがスマートカバーの磁石部分をケース内部に挟み込む形であったのに対し、接着部分はケース外面に金属を貼ることで磁石の接着部分を設けています。接着力は相当強いですが、メッキの質感がやや安っぽい印象です。

IMG_01355
ゴールドモデルにケースを装着するとさりげなくカラーも見えますし、同社のデザインの特徴で中心部のメッシュ穴が大きくなっているため背面ロゴも分かります。この点は先代の良い所を継承しています。

IMG_0138
エラストマーとは「ゴム弾性を有する工業用材料の総称」のことを指しており素材その物の名称ではありません。この製品の場合素材が一切公開されていませんが、熱硬化性エラストマーと呼ばれる材料の一種なのではないかと考えます。弾性に富みシリコンより遙かに高い強度をを持ち、変色にも比較的強い素材なのは理解できますが、成形時に変形が起こりやすい素材なのはイヤホンホールやカメラホールの微妙な位置ズレを見れば明らかです。全周に渡り成形時のバリが残っていることも素材故の欠点だと思います。

IMG_0140
カラーに関してはAmazonの商品説明でも「Apple純正スマートカバーより濃いブラック」とありますが、かなり色目が違うのにはガッカリでした。電源やボリュームボタンの感触も良いとは言えないと思います。

IMG_0144
初めて同社の製品を買うユーザーならそれほど失望はしない製品だと思いますが、ポリカーボネート素材のIRUAL MESH SHELL CASE for iPadが大変気に入っていたため、エラストマー素材のAndMesh製品は評価を下げざるを得ません。[Made in Japan]を謳うなら、相応の品質を保ち少なくとも過去製品より劣化した製品を発売するのは止めて欲しいと思います。最近のPowerSupport製品の一部と共に少し残念な製品でした。
※AndMesh製品が出ると同時に公開されるメーカーからの商品提供ミエミエの週アスの提灯記事にはいつも興ざめです。

カテゴリー: iPad パーマリンク

AndMesh iPad Air 2用ケースを試す への1件のフィードバック

  1. ピンバック: 【】App Storeでのアプリのダウンロード数、中国が世界最多に 他 (2015/7/18) #applejp | Blog!NOBON+

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*