Macで使うMicrosoft Sculpt Ergonomic Mouse

名称未設定
随分前の発売製品のようですが、Windows用のマウスを買ってみました。Windows用と言っても多分基本操作はMacでも問題なく使えると思ったからです。Microsoft Sculpt Ergonomic Mouseという製品ですが、画像で見ると丸っこくて可愛いデザインですし他の方のレビューも概ね好評です。

IMG_0157
この商品には正式なパッケージ版とビジネスモデルと呼ばれる簡易パッケージの製品が用意されており、私が買ったのは安いビジネスモデルで質素な茶箱に入ってました。

IMG_0165
画像で見ると小さなマウスを想像していたのですが、Logicoolのマウスと比べてもこれだけの大きさがありますから、以外と大きな製品です。

IMG_0161
単三電池2本の駆動式というオーソドックスなマウスで、ワイアレスレシーバーは本体内に収納されています。

IMG_0163
このマウスを購入したきっかけは「手の平、手首、腕を自然な位置に保つ形状で、長時間の使用による疲れや痛みを軽減します」という理由で、その持ち方はは従来の手を覆い被せるマウスとは少し違った特徴があります。画像を見ると分かると思いますが親指以外の掌はマウスの右側しかカバーしません。

IMG_0183
つまり普通のマウスを持つときがこんな感じなら

IMG_0181
Sculpt Ergonomic Mouseはこんな感じ。要するに手首を殆ど捻ることなくマウスが持てます。手首はデスク上に殆ど置くことができますし、トラッキング性能も高いので指だけでマウスの操作ができます。導入してから数週間経ちますが、手首や肩への負担が減った気がします。Macで使用する場合Windowsボタンは機能しませんが、横スクロールも含め基本的操作は可能ですので、マウスの上にあるMicrosoftのロゴを容認できる方には検討余地のある製品だと思います。私が気になったのはマウスのクリック感など、やや質感が安っぽい事くらいでしょうか?私はビジネスモデルをキャンペーン割引で2,500円程で購入しましたが、現在は通常パッケージ版が52%Offの2,934円で販売されています。

カテゴリー: Mac周辺機器 パーマリンク

Macで使うMicrosoft Sculpt Ergonomic Mouse への2件のフィードバック

  1. koozyp のコメント:

    こんにちわ

    昔からマイクロソフトの”ハード”は出来が良いと言いますからね
    マウスも買って間違いの無い製品が多いですよね このマウスも
    手をべったりとマウスにかぶせる持ち方の人だと疲れを軽減
    できそうなデザインになっていますね 最近のマイクロソフトの
    マウスは割りと小型の製品が多かったのでこんななに大きいのは
    久しぶりの気がします 製品ページを見ても電波の種類が書いて
    無いのですが2.4Ghzですよね まさか今時27Mhzとかありえませんよね
    (27Mhzは電波が恐ろしく飛びません・・・・・)

    それでは

    • hatti のコメント:

      こんにちは。
      コメントありがとうございます。
      そういえばマイクロソフト製品ってMacユーザーとしては何となく毛嫌いして使ってなかったんですよね。
      この製品は画像のイメージと違い、最初は大きさに驚きましたが使っていてLogicoolのマウスより数段疲れがありません。
      クリック感が少し安っぽい感触なのだけが気になる点でしょうか?
      製品仕様を調べた所2.4GHzのマウスのようで感度も悪くないようです。
      暫くはこのマウスでいこうかと思っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*