VESAマウントアダプタ搭載 21.5インチiMac Retina 4Kディスプレイモデル 設置

DSC00259
長い製品名ですが、正式にはこれで良いのかと思います。待望の4K VESAマウントモデルの到着です。開封の儀はやらないと以前書きましたが、ちょっと変わったモデルなので特別に公開します。輸送箱まで台形のパッケージは初めて見ました。

DSC00260
輸送箱を上から開くと化粧箱が登場、多分外箱自体は普通の21.5inchモデルと共通の仕様だと思いますが、イラストは当然Newモデルに合わせEi Capitanの壁紙とMagic Keyboard,Magic Mouse 2になっています。

DSC00274
今回は折角のCTOモデルなので、アクセサリーも変えてみました。USキーボードとMagic Trackpad 2です。Magic Trackpad 2はiMacのCTOの場合Magic Mouse 2との差額5300円で購入できます。単品では高いですし、Magic Mouseは使わないので一石二鳥という訳です。

DSC00264
iMac本体はこんな感じで上下発砲スチロールにサンドされています。真ん中がVESAマウントアダプタです。

DSC00265
この状態なら立っていますが、当然発砲スチロールを外せば倒れます。

DSC00266
VESAマウントアダプタにはチルト角度を-5°~+25°の範囲で設定するようにと但し書きがシールで貼ってあります。

DSC00268
発砲スチロールを外したら柔らかい場所にドーンと置くしかありません。このまま裏返してもセッティングもままならないので、VESAマウントiMacは先にスタンドなどを設置しておかなければなりません。

DSC00270
iMacをセッティングするのはエルゴトロンのNeo-Flex® LCD アームという比較的軽量モニタ向けのアームとなります。対荷重8.2kgがなのでスタンドモデルで9.54kgの27inch iMacは厳しいですが、5.68kgの21.5inchは余裕です。ちなみにVESAマウントモデルのiMacの重量は公開されていません。

DSC00273
5㎏台の21.5inchは思ったより軽いので一人でも設置したアームに取り付けが可能でしたが、27inch iMacの場合は補助なしでは辛いと思います。今まで泣く泣く DELLのマークを患者さんに見せていた光景がAppleマークに変わっただけでも嬉しいですし、宙に浮かぶiMacと細いアームの組み合わせはなかなか気に入っています。

カテゴリー: iMac, Mac パーマリンク

VESAマウントアダプタ搭載 21.5インチiMac Retina 4Kディスプレイモデル 設置 への2件のフィードバック

  1. K J のコメント:

    はじめまして

    >今まで泣く泣く DELLのマークを患者さんに見せていた光景…
     よくわかります。
    最初にカウンターに置いていたのが雪見Macだったのにも共感です。
    Appleは良くも悪くも機種がしぼられてるので、
    その時々で自分のベストバイを見つけるのが大変ですよね。

     そのDELLのモニターが設置されていた時の
    患者さん側から見た光景がどんなものだったのか
    比較も見たいところです。

    • hatti のコメント:

      こんにちは。
      コメントありがとうございます。
      Appleが手頃なサイズのモニタを出さなくなってしまいましたので、DELLは価格だけから選びましたがロゴを除けば中身はそれなりに悪くないんですがね。
      デスクトップ機も設置スペースがない場所は大変で、iMacは今までどうしても選択できませんでした。
      DELLの背面は設置後がありませんが、こんなのなら古いサイトに残ってました。
      http://honeyb119.blog86.fc2.com/blog-entry-958.html

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*