iPhone 8入手と雑記


2年満期のdocomo回線があったので、発売早々から特価販売をしているauのiPhone 8を手に入れてみました。auのSIMロック解除規定が変わったので、12月になったら家内と娘に渡そうと思っています。
今回のiPhone 8はiPhone Xがなければもう少し脚光を浴びたのかもしれませんが、量販店でも店頭在庫は豊富です。値段も凄く安いわけではないからこれで売れるのか心配になるほどです。


スッキリしたガラスパネルは綺麗です。しかしゴールドはどう見てもピンクですしパネル色までピンクやややシルバー色(グレー?)を乗せているのでくすんだ感じもあります。iPhone 8の場合7から10gの重量増ですが、明確に重くなったのを感じます。レビューでは気にならないという物もありましたが、私の子供でも重くなったのはすぐ分かるようです。


無接触充電器ですが、安価なPanasonicのQE-TM102-Kを買ってみました。急速充電には対応していませんが、ACアダプタ付きで2000円程で入手可能です。


iPhoneを乗せると振動とともに画面上で充電開始が分かり、充電器本体のインジケーターランプも点灯します。充電スピードはLightningケーブル経由より明らかに遅い気がします。急速充電によるバッテリー劣化が気になりますが、10Wの急速充電対応タイプの方が便利でしょう。無接触充電は手持ちの純正ケースなどを介しても反応しますが、厚みのあるAndMeshのエラストマーケースなどでは置き位置によって反応しない気がします。

iPhone 8は完成度が高い製品です。これからのiPhoneがXの方向に向かうのであれば従来型の集大成と呼ばれるモデルなのでしょう。ただし正常進化だけど新鮮味はないというのが正直な感想で、ディスプレイも綺麗と言えば綺麗だけど7のレベルでも十分だと思います。無接触充電とスペックアップくらいならiPhone 7から買い換える必要があるかは疑問です。またてんこ盛りのモデルなのは良いですが、お陰で新型なのに今やiPhone 8が148 g,iPhone 8 Plusに至っては202gという重量です。200gの手持ちというのは細い缶コーヒーをずっと持っている感覚です。Galaxy S8は150 g,Galaxy S8+で173 gです。iPhone Xの174 gも軽くはないですが、iPhone 8は正直軽量化努力が足りないと思います。
無接触充電は充電器1個の設置スペースが大きいのが問題で、今後複数個を縦置きで充電できるような製品が出ないと並べて充電するのは難しいと思います。

カテゴリー: iPhone パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*