故障したAir Podsは買い換え推奨、Beats Xの修理も微妙なところ

2016.12.に発売になったAir Pods、2017.2.に発売になったBeats Xは発売からほぼ2年が経過し、発売日に入手したユーザーはそろそろバッテリーなどが劣化してきていると思います。

かくなる私も両機種とも購入しAir Podsは私がBeats Xは息子が使用していました。私のAir Podは昨年からバッテリー切れが早くなり、ペアリングがしばしば解除されるなどの不具合が発生しだしました。AirPodsの修理はRetail StoreのGenius Barまたは正規サービスプロバイダのみとなります。銀座店で予約を取り、結果バッテリーケースのバッテリー劣化という判断で交換となりました(診断は無し)。ところがここで問題発生、交換用部品の用意がないため再度予約を取るようにと言われました。予約のため随分日数を待った挙げ句でしたので、なんとかならないか交渉したところ新品と交換(ケースのみ)ということになりました。新品と言っても白ケースに入った物でした。修理代金は7,800円(税別)交換品の保証期間は3ヶ月となります。修理後のAirPodsですが、あまり調子は変わりません。再修理を予約してもまた時間が掛かるので、保証期間が過ぎてしまいました。ところがコールセンターにてシリアルナンバーの確認を行ったところ今年9月まで保証とのこと、しかもイヤホン側も保証対象となるという説明で、どうやら新品交換になったため保証期間が1年に延びていたようです。AirPodsは充電ケース、イヤホン片側全て5,800円なので全部を交換してしまうと5,800×3=17,400円となり新品購入価格16,800円を上回ります。保証切れでバッテリーも消耗してしまった可能性が高い場合ケース側のバッテリーと同時にイヤホン側の小型バッテリーも消耗している可能性が高いと推察されます。従って保証期間切れのAirPodsは修理より買い直した方が良いという結論に達しました。

一方息子のBeats XもBlutoothのペアリングがしなくなりました。Appleコールセンターでの対応はピックアップ修理が可能、修理代金は8,800円とのこと、ほぼ3日で交換品が届きしました。交換品は白箱入りですが、ほぼ新品と判断して良い品でイヤーパッドなども新しい物が一式付属します。ピックアップ時には本体しか出していないので、イヤーパッドの予備までできてしまいます。Apple StoreのBeats X新品価格は11,800円ですので修理品が90日保証ということを考えるとこちらはやや微妙、3,000円の差をどう考えるかということになりそうです。

同じ時期に発表され、同じくAppleの取扱製品となる両者ですが対応が異なるのは不思議です。修理価格は別にしてもApple製品のAirPodsがピックアップ修理に対応しないのは非常に不便、全体交換ではない部分も不満。完全独立型のAirPodsですので紛失対応という部分もあるのでしょうが、交換品を出しても紛失でも修理料金が一緒という点は変更できないものかと考えます。総じて私はイヤホンは2年くらいを耐久限界とし、使い捨てを想定しているのかなと感じました。

カテゴリー: 未分類 パーマリンク

故障したAir Podsは買い換え推奨、Beats Xの修理も微妙なところ への1件のフィードバック

  1. ピンバック: 【】あるデザイナーへのインタビュー:Appleの製品への偏執的なこだわりはApple Storeにも現れている | 小龍茶館 他 (2019/1/16) #applejp – Blog!NOBON+

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください