バックアップ用HDDグレードダウンThunderbolt 3→USB3.1 HDDへ

バックアップ用のRAID HDDをWestern DigitalのMY BOOK DUO 8TBに変更しました。


暫くの間使用していたのはApple Storeで販売されている中でパーソナル向けと言える唯一10万円以下の製品Lacie 2Bog Dock Thunederbolt 3でしたが、RAID使用が時折できなくなる、付属のSDカードリーダーは読み取りができないなどトラブルが多く安定しません。HGST G-RAID Removable Thunderbolt 3も当時付属のRAID用ソフトが当時のMac OSに未対応でしたし、その後全く後発製品が出てこない状況です。

接続形式はUSB3.1(1コ)とUSB3.0(2コ)となり、随分ランクダウンですし初期バックアップ、データコピーのスピードはThunderbolt 3に大きく劣ります。ただし価格はThunderbolt 3の6割ほどで済みます。
そもそもバックアップ用HDDに期待するのものは安定度だと思います。スピードは初回バックアップには有利とはなりますが、差分バックアップや数ギガ程度のデータコピーにはストレスは感じません。USB3.0のカードリーダーは昔から使っていた物で安定しています。Thunderbolt 3の高速規格は魅力はありますが、サードパーティーメーカーが開発に熱心ではない現状では良い製品が出てこないのも頷けます。

カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください