LTE回線でTV視聴、Slingbox 350を導入する。

iPhoneでTV視聴というのは過去色々な製品を試してきました。ただしLTEや3G回線でFull HD画像をできる品はEyeTV位だったと思います。優れた商品ではありましたが、地デジチューナーが別途必要だったり設定が難しかったり、Macの電源を入れておかないとTV視聴ができない等欠点も多くいつの間にか使用しなくなり、最近はWi-Fi専門のSoftBank TVチューナー(録画機能付)を使用していました。

IMG_1564

Slingbox 350はEyeTVと同じく自宅などのHDレコーダーに接続しインターネットを介してFull HD画像を視聴するための製品です。単にTVを見るだけではなく、HDレコーダーの録画操作や録画した番組を視聴することも可能です。PCの場合ブラウザソフトから視聴可能ですが、別途Slingplayerというソフトを購入すればiPhoneやipadからもTVを見ることができます。ただしこの製品を使ってFull HD画像を視聴するには接続に原則D端子を持っているレコーダーがなければ接続ができません。HDMIとコンポジットケーブルが接続できれば利用は可能ですが、画質はSD画質に下がってしまいますし、最近のBlu-rayレコーダーはHDMI端子1個しかないものも存在します。私の場合も今年購入したSONYのレコーダーは接続不可でしたので、古いSHARPのレコーダーに接続しました。またHDMIとD端子があってもマニュアルでしか切り替えができない製品も存在します。その場合D端子でSlingboxを使用していると、Slingboxを介して接続したTVの視聴ができなくなってしまいます。私のSHARPのレコーダーも自動切り替えができないので、D端子コンポーネントビデオケーブルをもう1本用意してTVのD端子に接続しています。新しい機器をお使いのユーザーには購入しても使えないといった事態も発生するので注意が必要です。

IMG_1561

本体はレコーダーとTVとの間に挟み込む形で接続します。またEternetポートにルーターからEternetケーブルを接続、これだけで配線はお終いです。

44556

設定はSafariなどのブラウザソフトからSlingboxのユーザーサイトにアカウントを作ってログインして行います。接続さえ合っていれば設定は非常に簡単ですがレコーダーに該当機種がない場合同じメーカーのリモコンを各種試してみる必要があります。

88288

リモコンの設定が済めば、PC上のリモコンボタンを押すだけでレコーダーの操作が可能となります。

IMG_1562

Slingbox自体には赤外線発光部があるのですが、私の場合リモコンが上手く動作しなかったので、付属の赤外線リモコンケーブルをレコーダー受光部の近くにセットすることで改善されました。

5465656

iPhoneやiPadでの視聴には別途SlingplayerをiTunesストアから購入しなければなりません。このソフト1,300円とあまり安くない上にiPhoneとiPadでは別途購入する必要があるのは難点です。

IMG_1558
IMG_1559

インストールさえ済ませばiPhoneでもiPadでも簡単にFull HD映像の視聴が可能です。レコーダーの電源のON,OFFも含めた操作も各デバイスから可能。肝心の画質に関してですが、Wi-FiオンリーのSoftBankチューナーに比べると画質は落ちますが、まずまず視聴に耐える印象です(iPad Airだとちょっと画像の荒さが気になります)。LTE接続の環境があれば外での視聴もまずます快適です。3G環境でも再生は可能ですが時折カクカクと止まるような現象が起こってしまいます。この辺りはiPhoneであればLTEに対応した5移行の機種が必要かもしれません。都心部であれば移動する車中での視聴にも十分耐えますので、車用のフルセグTVの代わりにもなります。音声をBlutooth経由でカーオーディオに飛ばすBELKIN AirCast Auto Bluetooth トランスミッターとの相性は抜群だと思います。

カテゴリー: iPhone, iPod, Mac周辺機器 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*