Mac Proはそんなに高いのだろうか?

IMGP1826
外はあいにくの梅雨空ですが、鳥の鳴き声が聞こえるので外に出ると電線に巣立ちを迎えたツバメのヒナが4羽並んでいました。どうやら下にいるネコを警戒して親鳥が威嚇をしていた模様でした。ネコは私が追っ払っておきました。

話を本題に戻します。WWDC2013基調講演「Designed by Apple in California.」のビデオと同時発表されたMac Proは私にとって特別なインパクトがあるモデルでした。そのマシンがようやく私のデスクにやってくる時がきました。Mac Pro 2013で最も安い標準装備のクアッドコアモデルです。
IMGP0140
Mac好きのTwitterのフォロワーさんの間でも「Mac Proは高すぎる」「Mac Proの性能は必要ない」と皆さんが口を揃えて言っています。コンシューマーユーザーのメインマシンはMacBook Pro,MacBook Airが最も多いでしょう。より大きなモニタが必要な方もはiMacを使うか、MacBookシリーズにディスプレイを繋いで使う方が増えたと思います。Mac miniという選択肢もありますが、いつもモデルチェンジから置いてけぼりのマシンは実質性能も現行機種の中では型遅れです。Appleにはミドルレンジのデスクトップがない、これはPowerMac時代からずっと変わらないラインナップで今後も追加される可能性はないでしょう。

Mac Proの最低価格は税込み¥328,104、一方MacBook Pro Retina 15inchの上位モデルは¥271,944です。Mac ProはSSDは256GB、メモリも12GBですので装備は負けていますし、モニタも別売です。Mac Proの性能が必要ないならMacBook Proの方がお得?そうでしょうか?ポータブル必須ユーザーでない限りMac Proには他にも数多くのメリットがあります。

1.Thunderbolt 2ポートが6個:MacBook Proは2ポートしかないので、モニタを繋ぐと残りは1個しか余りません。チェーン接続はできますがThunderbolt Display以外では終末になってしまい、それ以上の機器を繋ぐことは不可能です。HDMI接続があるじゃないの?と言われるかもしれませんが、父のEIZO ColorEdge CG276はHDMIでの最高解像度をサポートしていません。DVIもダメでした。

2.USB 3.0ポート4個:USBは周辺機器も多いのでHUBを使う方が多いでしょう。USB3.0HUBは動作が安定しておらず、私はこれには悩まされました。

3.Ethernet:MacBook Proの場合Ethernetアダプターが必要です。お手軽ですがやはりThunderboltポートが塞がれます。

4.キーボード選択が自由:MacBook Proユーザーの多くはUSキーが欲しくてApple StoreのCTOを選んでいます。CTOは定価売りですから、吊しのマシンに比べれば遙かに割高です。

3.メモリ:Mac Proは吊しの標準で12GBですが増設も容易です。

CPUはクアッドコアなら大きな差は出ないでしょうが遅い筈はありません。外部GPUの能力差はNVIDIA GeForce GT 750MとデュアルAMD FirePro D300では相当な差がると考えます。動画、3Dはあまり使わないから必要ないでしょうか?MacBook Pro 13inchはMacBook Airより動作の遅さを感じます。Retina DisplayはGPUへの負荷が大きいですし、4Kモニタを扱うなら余裕があるに超したことはないでしょう。MacProの拡張性はポータブル不要なユーザーにはメリットがあると考えます。

名称未設定
MBPにThunderbolt HUBを足せば差額は3万円ほど、SSDの容量不足はありますが外付け退避で何とか賄えます。4Kモニタは後日に回せば、CPU,GPU,拡張性で十分補える金額にも思えます。吊しのMac Proは価格.comなどでは税込み28万円を切りました。今後他のMacと同じならば26万円台まで下がる可能性はあると思います。CTOのMBP標準のMac Pro、実は価格差はないに等しいのです。

IMGP0141
MacBook ProはBroadwell搭載には時間が掛かりそうな感じですし、搭載されても10~20%程度の性能アップのマイナーチェンジになると言われています。MBPは買ったらSSD以外弄ることはほぼ不可能ですが、Mac ProならCPUも交換可能なのも魅力的。MBPより末永く第1線で使えるマシンだと思います。
3年は使う予定なので、なかなか出番のなかった買い置きのAppleCareを早速登録しました。

都合の良い話ばかり書きましたが、MBPにはRetina Displayがあるのはやはり魅力的です。でもパソコンはノートよりデスクトップ派の貴方、我慢してiMacやMacBook Proを使ってませんか?ちょっと「清水の舞台から飛び降りる」つもりであればMac Proはそこまで高嶺の花ではないと考えます。

カテゴリー: Apple, Mac Pro パーマリンク

Mac Proはそんなに高いのだろうか? への10件のフィードバック

  1. 越山若水 のコメント:

    こんにちは。
    何はともあれ、Mac Proご購入おめでとうございます。
    羨ましい限りです。

    Macは以前から”高い”と言われていますが、自分はそうは思いません。
    『お金で買えない価値がある』
    どこぞのクレジットカードブランドのCMの文句ですが、Macにはお金に換算できない素晴らしさや楽しさが沢山あると思います。
    スペック云々は別にして、その『お金に換算できない』Macの魅力を感じ取れる方なら十分安いのかもしれません。

    数年先までハイスペック機として戦えるポテンシャル、SSDの標準搭載やメモリの拡張性、Thunderbolt2やUSB3.0といった搭載されているI/F、加えてディスプレイや入力機器を選ばない柔軟さなど、総合的に考えればHattiさんの仰るようにMac Proは”高くない”と思います。

    • hatti のコメント:

      こんにちは。
      Twetterの方でもレスを頂きありがとうございます。
      実はすぐに新しい物に飛びつく私がこれほど購入を迷ったマシンは初めてです。
      買ってみて感じているのは他のMac以上にAppleの拘りを感じる製品だという事で、越山若水さんが仰る通りスペックだけでは言い表せない付加価値を感じる製品だと思いますね。
      ポート周りの光るギミックなどはもの凄く拘りを感じます。
      先々の発展性も考えれば長く使えるマシンだと思うので、この機種だけは末永く付き合っていこうと思ってます。
      越山若水さんも次のモデルチェンジあたりでいかがですか?w

  2. koozyp のコメント:

    こんにちわ(^^)

    とうとう買われたのですね〜おめでとうございます〜それも
    ハイエンドマシンで今後の発展が楽しみですね 一見高い様に
    見えますがこれだけの構成を自作マシンで組もうと思うととてもでは
    有りませんが30万には収まらないと思いますよ それに自作ではあの
    超絶綺麗な筐体は無理というものであれだけの構成を30万以下で組めるのは
    メーカーの面目躍如というものだと思います 今後のアップグレードですが
    メモリもCPUも少々お高いのがアレですがハイエンドマシンの為と思えば納得
    出来そうですね まずはメモリ辺りから手を付けるのが一般的かな?という気がします
    CPUはインテルさんがソケットをコロコロ変えるのがちょっと心配の種ですね
    最初にガツンとハイエンドのCPUを入れて内蔵は売却というのが良さそうと
    いう気もします・・・・・ ストレージの内蔵での大容量化をスッパリと諦めた
    マシンなのでもしかすると純正のストレージが出るのかもしれませんねデザインの
    共通化を計ったものなら人気が出そうな気もします 単価の張るものなので外部メーカーに
    みすみす上げる事も無いと思うのですがね

    3.0のHUBは困りものですが現状VIAチップ採用のハブだけが安定して
    動作しますね 純正の様な顔をするインテルチップ採用製品はスリープからの
    復帰で全部忘れたりしますから駄目駄目君です 買うならVIAチップ採用製品なのですが
    箱書きにチップまで書いてある製品は稀なのが困ったものです

    今後のアップグレードが楽しみですね一年後には(゚д゚)!のハイエンド
    マシンになっているかも知れませんが製品寿命の長いProさんなので
    長い間楽しめそうですね

    それでは(^o^)

    PS アップ直後にもコメントを送っているのですが送信したら綺麗さっぱり
    消えた様です 書いた物は基本覚えていないのでまた書いて送ります

    • hatti のコメント:

      コメント消失の件ではご迷惑をおかけしました。
      実は基調講演見た後で「このマシンは絶対買う!」と決めていたので、Apple Storeでは何度カゴに入れたりオプションを選んだりしたか分かりませんw
      自作だと30万では済まないと聞いて少し安心しました。
      メモリも決して安くないのですが、とりあえず空きスロットに入れる4GBは確保しました。
      CPUは12コアとかに換装も可能なようですが、当分はこのまま使おうと思います。
      SSDに関してだけは本当に困ったものですね、256GBはさすがにキツイですが、何とか当面はやり繰りしていきます。
      外部拡張性があるだけでも本当に便利で、今まで使っていたHUBやらケーブルが一気に減って動作も安定していますからこれだけでも意味はあるマシンです。
      不満なのはカードスロットがないので、リーダーが必要な事くらいえしょうか?
      実はスコア的には期待ほどではないのですが、MBPよりもたつく局面は減った気がしています。
      当分は楽しく遊べるオモチャですが、噂に聞いた通り写真は本当に撮りにくくって困ったものです。

  3. 東島正哉 のコメント:

    こんにちは。初めまして。
    このブログサイトは半年ほど前に見つけ、その後は良く拝見させていただいておりましたが、Mac Proの件は少し見るのが遅くなりました。Mac Pro、私も買いました。Mac mini でも何とかなるかと思っていたのですが、いつまで経っても次のマシンが出ず、「まっ、いいか」と Sofmapに行ったところ、希望のCTOモデルが 5/31時点ではあったのに、6/2には無くなっていました。それで、どうせ注文するのなら Mac Pro にするか、と聞いてみたのですが、応対に出られた方が余り感じが良くなく、Sofmapでの購入は止めました。で、ポイントが付かないのはちょっと悔しいのですが、Apple Storeで購入。6/4注文で、注文時点では2-3週間待ちとのことでしたが、誰かキャンセルしたのか、6/5に突然「6/6納品」とアナウンスがあり、早々と遊べる(?)日が来てしまいました。
    購入モデルは、自分の使用環境を顧みず、後からの増設が面倒なため、メモリ64GB、SSD 1TB、6コアとしました。これでも、Apple製品としては一番最初に買った Mac SE と大差ない価格で、入荷後、両者を並べて写真を撮り、ちょっと感慨に耽っていました。
    まだディスプレイは古いままなので、4Kの情報、ありがとうごさいます。
    今後も、記事を楽しみにしております。

    • hatti のコメント:

      こんにちは!
      時々訪問頂いているとのこと、何より嬉しい言葉です。
      私の場合は一体型以外のデスクトップはPowerMac G5以来なので、なかなか感慨深いものがあります。
      安い店で買いましたが28万の出費は痛かったですが、その価値はあるマシンだと思います。
      現行Mac miniは職場の受付にありますが、やはり内蔵のGPUは非力ですし、次のモデルが出ても拡張性は低いと思います。
      次のCPUも性能はあまり上がらないそうですし、比較にはならないと思います。
      6コア、64GBメモリ、1TB SSDは羨ましいですね、こればかりはApple Storeでしかできないオーダーですから。
      しかし私もこのマシンは長く使うつもりですので、いつかCPUを交換するかもしれません。
      こんなことができるマシンもMac Proくらいでしょう。
      4Kモニタは良いですが、ちょっとサイズが小さいのが難点です。もう少し安くなってからでも良いかもしれませんね。
      これからもよろしくお願いいたします。

  4. robo_kuma のコメント:

    こんにちは。
    遅ればせながら、Mac Proご購入おめでとうございます。
    Mac Pro、高いと言えば高いですが性能相応のお値段ですし汎用性と使用期間を考えると
    良いお買い物だと思います。
    確かに同仕様でWindows機を買う、作るとこの30万以上するのでAppleさんも頑張ってるねw
    と思ってしまいます。
    先日、Apple Storeで現物は見ましたが〜本当に小さくて美しい機体ですね。
    本当に欲しくなりましたが、家で道楽で使っている私には色んな意味でオーバースペックです(^^;)

    これから、Mac Proに色々と周辺機器が増えていくと思いますw。
    周辺機器も含め、レビュー楽しみにしてます。

    それでは(^_^)/

    • hatti のコメント:

      こんにちは。
      コメントありがとうございます。
      Mac proはずっと使いたいと思っていたマシンですが、コレばかりはなかなか手が出ませんでした。
      Windows機に詳しい人からすると確かにそんなに割高ではないみたいですね。
      私には非一体型のデスクトップ機かつiMac程度で十分なのですが、発表された筐体デザインで惚れ込んでしまった次第です。
      ただオーバースペックかというと、クアッドコアではベンチ結果はそんなに凄いスコアでもない気もします。
      現状拡張性が増したので、周辺機器を随分整理できたのは嬉しく思っていますね。
      まあやることは変わらないのですが、ちょこちょこ弄れるのは楽しみなので少しずつ充実させて行きたいと思ってます。

  5. ピョン吉 のコメント:

    こんにちは。
    見に来ていても、なかなかコメントを残さないカエルです(笑)

    やっぱりMac Proは羨ましいです。Twitterでもお話ししましたが、基本デスクトップ派、それも一体型は嫌いな人です。iMacを使っていて思うのは、やっぱりあのモニターは邪魔です(^^;;
    MacBook Proもいいマシンなんですけど、どうしてもサブ機なんですよね〜。
    2008年型のMac Proまでは使っていましたので、いずれはMac Proに出戻る野望を胸に秘めています(笑)
    しばらくはオールドMacを弄って茶を濁すことにしますw
    これからの使い倒しレビューも、さらに楽しみにしています(^^)

    • hatti のコメント:

      こんにちは。
      確かにコメント頂いたのは初めてかもですね?
      ありがとうございます。

      ノート型ならいざ知らす、やっぱりPCモニタって自分に合ったサイズ、品質の物を選べるべきだと思うのですよね。
      iMacのようにガラスパネルの21.5or27inchが強制っていうのはあまり好きではないです。
      しかもあのスタンドのせいでモニタ位置は殆ど変えられないですからね。
      コストパフォーマンスが良いのは分かるのですが…
      MBPにしても高性能ですが、15inchはメインモニタには手狭ですし、外部ディスプレイに繋いでも拡張性が足りません。
      私はやはりメインはモニタ非一体型デスクトップ機だなあと痛感しました。
      久々に長く使えるマシンに出会えた気がします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*